ダイブサプライのロゴ

PADIスペシャルティー

和歌山の海でライセンス取得TOP > PADIスペシャルティー

■ここがおすすめPADIスペシャルティーコース

スペシャルティーカード水中世界へのパスポートを手にしたダイバーはさらに新しい世界を覗いてみたくなります。PADIオープンウォーターダイバーのCカードはあくまでも基本的なトレーニング経験の証明にすぎません。
そこから新しく素晴らしい未知なる世界にチャレンジするためにPADI各種スペシャルティーコースがあります

■主なスペシャルティーコースのご紹介

基本スキルを磨く!

遊びのコツをマスター!

活動範囲を拡大!

ボートダイビング

 


■受講料金

スペシャルティー受講講習料 ・・・ 1ダイブにつき¥3,240 (各分野共通)
※ ファンダイビング料金にプラスする形で受講できます

(例) ボートダイバーSPは海洋実習2ダイブ必要なので
ファンダイビング料金2ボート¥14,800 + スペシャルティー講習代¥3,240×2 
+申請料¥3,780 =¥25,060

(例)アドバンスコースでボートダイブを選択クレジットした人が、これからボートダイバーSPを受講する場合

ファンダイビング料金1ボートダイブ
¥9,800 + スペシャルティー講習代¥3,240×1
+ 申請料¥3,780 =¥16、820

■各スペシャルティーコース詳細

中性浮力(ピークパフォーマンスボイヤンシー)

padiピークパフォーマンスボイヤンシーピークパフォーマンスとは、水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」のこと。これが完璧にとれれば、体のコントロールがきかずにドンドン沈んでしまってサ ンゴをボキっとか水深5mで安全停止をするはずがいつのまにか浮上してた・・・なんてことがなくなり、マナーや安全面が大いに向上。さらに、魚を観察する にも水中写真を撮るにも、水中でピタッと止まれて行動したいことが思いのままに。

 そんな”できるダイバー”を目指すこのコースでは、タンクやスーツの種類によってウエイト量を調整する知識から、BCDや肺の呼吸をコントロールして中性浮力がキチンととれるまでのテクニックを磨きます。主な練習は適正ウエイトでの潜降テクニック、フィンピボット、水中で動かずに停止するホバリング、フィンワークになります。

●講習内容・・・学科と海洋実習2ダイブ
●必要教材・・・ピークパフォーマンスマニュアル ¥3,888

ボートダイバー

padiボートダイバー ダイビング・ポイントは、岸からすぐの所もあれば、ボートで数分あるいは数時間移動する場所もあります。そしてボートといっても、和船、クルーザー、ゴムボートと、タイプによってその使い方はさまざまで、ビーチエントリーしか経験のないダイバーがいきなりボート・ダイビングをしようとしても、ボート上であわてたり、テマどってしまうケースが多くなります。  そんなことがないように、このコースでは、快適なボート・ダイビングのノウハウから始めて、船の縁に腰掛けた姿勢でエントリーするシッティング・バックロール、立った姿勢でエントリーするジャイアント・ストライドや、ボートならではのエキジット方法、潜降の仕方などまでを学びます。主な練習は、船上でのテクニックとして器材のまとめ方、準備の仕方、エントリーまでの手順、エキジット後の手順などが挙げられます。

●講習内容・・・学科と海洋実習2ダイブ
●必要教材・・・特になし

ドライスーツ

padiドライスーツ 体を濡らさず快適なダイビングが楽しめるドライスーツ。タンクの空気を中圧ホースでスーツ内部に取り入れ、空気の層で保温するため保温効果は抜群。秋から春にかけ日本の海を潜る必需品として、多くのダイバーに愛用されています。ドライスーツを着用すれば、体が冷えないため疲労度も少なくなります。水中ではじっくり生物ウォッチングができ、時間に余裕を持ってダイビングが楽しめます。このような具合にドライスーツは水中だけでなく、陸上でも快適にリラックスして過せるのです。このコースでは、ドライスーツの着脱方法から、吸・排気バルブの操作方法、適切なエアコントロール・スーツ自体の取扱注意点、使用後や万一穴があいた際などのメンテナンス方法までを習います。ドライスーツのお得なコースはこちらへ

●講習内容・・・学科と海洋実習2ダイブ
●必要教材・・・特になし

AWARE魚の見分け方

padi魚の見分け方 さっき潜ったときに見たサカナの名前がわからないから、調べようがない。こんな経験をお持ちではないですか?このコースに参加すれば、名前がわからなくても、あの手この手で自分なりに検索できるようになるのです。読めない漢字や意味のわからない漢字を辞書で引くとき、篇や画数、音訓読みなどで検索する、あの要領です。このコースでは、一般的なサカナをまずカタチに応じて分類することで、サカナをカタチから種別するコツがマスターできるようになります。これで名前がわからなくても大丈夫。サカナの名前もそれまでよりずっとズムースに覚えることが可能になります

●講習内容・・・学科と海洋実習2ダイブ
●必要教材・・・特になし 

デジタルアンダーウォーターフォトグラファー

padiデジタルアンダーウォーターフォトグラファー 陸上でも水中でも、デジタル・カメラ(デジカメ)が広く一般的となりました。スクーバダイビングでもデジカメで楽しく格好良く撮影を出来るようになるためのテクニックを手に入れられるのが、このコースです。最初のダイブでは、難しいことは抜き!デジカメの準備をして、色調整をして写真を撮影するコツをインストラクターに教わりましょう。ここまででデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・レベル1の認定を受けられます。(ダイブ1はプールで行ってもOKです)ダイブ2では、さらに魅力的な写真の撮り方が身に付きます。撮影後、パソコンへのデータの取り込み方法や編集ソフトを使用した簡単な加工方法までも身につけられるのです。このコースに参加した後は、環境に応じた素早い調整が出来るようになり構図を考えたしゃれた写真がたくさん撮れる方ことは間違いありません。

●講習内容・・・学科と海洋実習2ダイブ
●必要教材・・・デジタルアンダーウォーターフォトグラファーマニュアル¥3,672

水中スクーター(ダイバープロパルジョンビークル)

padiダイバープロバルジョンビークル 水中を広範囲にわたって移動すれば、新しい発見や、興味深い場面に遭遇できる確率も高まります。水中スクーターは、ダイバーたちのそんな望みを叶えてくれる快適さバツグンの乗り物。水中での移動もラクで、バディと宙を舞うような海中散歩も体験できます。しかも、エアの消費量は通常の半分ほどこのコースでは、まず基本的な操作の方法、安全深度や行動半径、操作上の注意点、操作中の耳抜き法、そして浮力コントロールなどを習った後、浅場で実際にライディングを体験してみます。さらに、使用後や万一故障した場合のメンテナンス法もマスターします。 高度なテクニックを習得すれば、回転アクロバットなどウルトラC級の技もこなせるようになり、その壮快感はやみつきになるほどです。

● 講習内容・・・学科と海洋実習2ダイブ
●必要教材・・・特になし

ナイトダイバー

padiナイトダイバー 振り返れば、おほろげに見える海底。不思議な魚たちの行動。闇に浮かび上がる幻想的なシーン。夜が創るファンタジックな海の表情は、ダイバーを魅了してやみません。ナイトダイビングとは、そんなワクワクするような夜の海を探検するダイブです。元気な夜行性生物の脇には寝ぼけた魚の顔。夜になると体色を変える生物がいるかと思えば、夜光虫は星屑のように光りだす。そして、満月の夜、海底で密かにおこなわれるサンゴの産卵…。昼にはうかがい知れない海の神秘や生態に出会えるのも、ナイト・ダイビングならではの魅力です。このコースでは、夜の海に安全に潜る知識から、目的地までたどりつくコンパスナビゲーション、合図や水中ライトをより効果的に使う方法などを習得します。

●講習内容・・・学科と海洋実習3ダイブ
●必要教材・・・ナイトダイバーマニュアル・・・¥3,888

ディープダイバー

padiディープダイバー ディープ・ダイビングには、まったく別の世界に出会える魅力があります。自然光にかわるブルーの世界、ウミトサカにキンギョハナダイが舞う華麗な光景、和歌山でしか見れないオオカワリイソギンチャク。そこには水深18mを超える海中でしか見ることのできない幻想的な世界が広がり、エキサイティングなポイントも数多く点在しています。このコースでは、ディープの魅力といつも背中合わせにあるさまざまな注意点はもちろん、水深18m以深の水中環境を知り、より安全にディープ・ダイビングが楽しめるような知識を習得することが第一の目的となります。潜る深度と時間を決める潜水計画の立て方、減圧理論の学習、そして水圧のかかる様子の観察のほか、安全停止や浮上方法もシッカリ習います。

●講習内容・・・学科と海洋実習4ダイブ
●必要教材・・・ディープダイバーマニュアル・・・¥3,888

ただ今キャンペーン中!
ディープSP講習代すべて込で¥12,000
(テキスト・申請料・講習代すべて込)

※別途ボートダイブ代必要です

エンリッチドエアダイバー

エンリッチドエア 私たちの水中への訪問には、時間という制約を受けます。ザ・ホイールやダイビング・コンピューターなどの発達によって、マルチレベルでのダイビングでは、大幅に減圧不要限界が延長されました。しかし、いずれにしてもマルチレベル・ダイビングが可能な潜水地でしか有効でなく、マルチレベルダイビングにも限界があります。エンリッチド・エアは安全に減圧不要限界を延長することのできる、最新技術です。エンリッチド・エアで、エンリッチド・エア用のダイビング・コンピューターを使用し、マルチレベル・ダイビングをした場合には、空気でのダイビングに比べて時間的に余裕を持つことが出来ます。特に、水深が15mから30mのダイビングに向いているでしょう。じっくりと、水中生物の観察や、水中写真を撮りたいダイバーにはうってつけのコースです。

●講習内容・・・学科と準備実習1回
●必要教材・・・エンリッチドエアダイバーマニュアル¥2,960


ただ今キャンペーン中!
エンリッチ講習代すべて込で¥13,000
(エンリッチタンク代1本、申請料、テキスト、学科講習代が含まれます)

※ ダイブコンピュータのレンタルは¥650です
※ 別途ボートダイビング代金必要です

レックダイバー

エンリッチドエア 私たちの水中への訪問には、時間という制約を受けます。ザ・ホイールやダイビング・コンピューターなどの発達によって、マルチレベルでのダイビングでは、大幅に減圧不要限界が延長されました。しかし、いずれにしてもマルチレベル・ダイビングが可能な潜水地でしか有効でなく、マルチレベルダイビングにも限界があります。エンリッチド・エアは安全に減圧不要限界を延長することのできる、最新技術です。エンリッチド・エアで、エンリッチド・エア用のダイビング・コンピューターを使用し、マルチレベル・ダイビングをした場合には、空気でのダイビングに比べて時間的に余裕を持つことが出来ます。特に、水深が15mから30mのダイビングに向いているでしょう。じっくりと、水中生物の観察や、水中写真を撮りたいダイバーにはうってつけのコースです。

●講習内容・・・学科と準備実習2回
 ●必要教材・・・特になし

ドリフトダイバー

エンリッチドエアドリフト・ダイビングとは、潮の流れに乗って水中を移動するダイビング方法のことです。つまり、船を固定してそこに戻ってくるのではなく、水中を流れに任せて楽に移動していき、最後はボート自体がダイバーをピックアップしてくれるのです。
世界中のダイビングポイントには、ドリフト・ダイビングを主流にしてる場所がたくさん存在します。ダイバーに人気があるパラオ・モルディブ・プーケットなどダイナミックなポイントはほとんどがドリフトダイブなのです。ドリフト・ダイビングは、体力の消耗も少なく広い水域を楽に泳げるメリットがあり、普段見れない地形の変化や大物回遊魚に遭遇できる確率も高くなるのです。
このコースでは、ドリフト・ダイビングの注意点や、エントリーエキジット方法、シグナル器材の使用方法などのテクニックをマスターできます。

●講習内容・・・学科と準備実習2回
●必要教材・・・ドリフトダイバーマニュアル¥3,888

<< 和歌山の海でライセンス取得TOPにもどる

オオカワリイソギンチャク

アドバンスコースで選択したテーマは1ダイブとしてクレジットできます!

海がめ
Copy Right Dive Supply Since 2003